お金を持っている人

株の確定申告には何が必要なのか?

楽しく打ち合わせ人たち

株式の売買は利益を追求して行うものですので利益を生み出すように行動するのが基本となります。
そのための口座を証券会社に作ることになるのですが、この時に開設する証券口座の種類によって確定申告で必要となるものには大きな違いが生じます。
例えば特定口座の源泉徴収ありという口座で利益が生じた場合には原則として確定申告が必要ありません。
その理由としては源泉徴収ありの口座では株式の売買を行った段階で税金が差し引かれているからです。
そのため年収が低く還付金がある場合を除いて確定申告を行う必要が無いのです。

もしも還付金を得る目的など何らかの事情で確定申告を行うのであれば、自分自身の年間所得を証明する各種の源泉徴収票が必要になります。
また特定口座の年間取引報告書を取り寄せて添付する必要もあるでしょう。
株式の取引であれば証券会社から取り寄せるのが一般的であると言えますので、時期が来た時に取り寄せることが出来るように準備しておくことが望まれます。
これだけの準備が整っていれば確定申告で困ることは無いでしょう。

確定申告を行う場合、準備しなければならない書類には税務署でもらうものがいくつか存在しています。
申告書Bや申告書第三表(分離課税用)、株式等に係る譲渡所得などの金額の計算明細書は株式で利益や損失が発生した場合には必要となる書類です。
事前に税務署や役所でもらうことが出来ますし、税務署のウェブサイトで作ることも出来ますのでいずれかのサービスを利用して入手する様にしましょう。
この手続きを行っておくことで目理理っとが得られる場合もありますので、仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。
特に損失を出した時には重要な役割を果たすのです。

関連記事